都内のブライダルフェアに参加する時のチェックポイント3つ!

持ち込み料は無料かどうか

結婚式を考えていった時に何かとお金がかかるので、ウェルカムボードやサンキューギフトは自分で作るなど手作りの品物を多く利用する場合もあります。また、引き出物も自分で気に入った引き出物を利用したいときも同様で洲。都内のホテルによっては自分自身で持ち込みする品物に対して手数料をとることがある式場もあるので、契約する前によく確認することが大切です。式場によっては無料のところもありますので、節約のポイントにもなりますよ。

ゲストへの食事の要望を受けてもらえるかどうか

結婚式ではたくさんのご友人、親戚をお呼びすることになりますが、最近では招待状に「アレルギーがある食べ物を教えてください」などといった言葉が添えられてあることが多くありますが、食に敏感な方は以外と多くいらっしゃいます。自分で知っている限りの対応をするのはもとより、こういった要望を受けてもらえるか、もらえない式場なのかを質問することも重要です。お子さんと一緒に参加する方もいらっしゃいますし、この辺は気を使った方がいいでしょう。

ゲストが宿泊できる施設の提携があるかどうか

結婚式は遠くの親戚や友人も数多く参加されます。宿泊施設なども一緒に紹介することもおすすめします。結婚式が行われる日はだいたいが平日ではなく連休やお休みの日になると考えるとホテルや宿泊施設が予約がとれないということも考えられます。ゲストが宿泊施設を探すことはかなり大変なことなので、ホテルウェディングでしたら、どれくらいの部屋室を押さえられるかなど確認したほうがいいでしょう。支払いも全額か半額かというところも合わせて相談しておいた方がいいです。

結婚式場を探しているカップルには式場の雰囲気を体感できるブライダルフェアがおススメです。特にブライダルフェアなら東京の式場で多数開催していますので、とても参考になります。