知ってた?婚約指輪と結婚指輪の大きな違い

婚約指輪のもつ大切な意味

あまり必要の無いように思える「婚約指輪」。結婚するなら結婚指輪だけで事足りますし、どうして婚約指輪という存在があるのか疑問に思ったことはありませんか?結婚する場合は役所に婚姻届を提出しなければなりません。これは、結婚をする「証」として残ります。しかし、婚約に関しては言葉や想いだけで、目に見えることはありませんよね。婚約指輪は、その約束を形あるものにする婚姻届の役目を果たしているのです。使用される宝石はダイヤモンドが大半を占めています。無色透明の最も硬い石であることから、純真無垢な花嫁を表し、固い絆で結ばれるという意味合いが込められているのです。

結婚指輪のもつ大切な意味

結婚には付き物の「結婚指輪」。中には「指輪が嫌いだから」「値段が高い」という理由で着けない夫婦もいますが、結婚指輪には奥の深い、大切な意味が込められていることをご存知でしたか?結婚式の際、新郎新婦は指輪の交換をしますよね。これは、これから夫婦として共に歩んでいく誓いを表した行為です。丸く形取られた結婚指輪は「途切れることのない永遠の愛」を象徴していると言われています。また、いつでも相手の存在を強く感じていられるようにと、常に身につけておく習慣が生まれたのです。

指輪はどこにはめればいい?

婚約指輪と結婚指輪は、それぞれどの指にはめるのが正解なのでしょう。一般的に、結婚指輪は左手の薬指にはめますよね。これは古代ギリシャの考えに基づくもので、左手の薬指は心臓と繋がっていると信じられています。そのため、直接心に届く指にはめることで、相手の想いや誓いをより強くする意味合いが込められているのです。一方、婚約指輪に関しては決まりがありません。右手の薬指にはめるべきという声もありますが、基本はどこでも好きな指にはめて良いのです。ただ、結婚式当日は左手の薬指に結婚指輪をはめるため、婚約指輪は右手の薬指にはめておくようにしましょう。

婚約指輪とは、男性から女性への婚約の証です。男性から生涯を共に過ごす女性へと贈られる愛と約束が込められた最高の贈り物です。