ふたりの幸せの証!結婚指輪の意味について

愛情を常に感じることが出来るの指輪

プロポーズされてから結婚した実感がを改めて感じるのは、名前が変わったり、様々ありますが、一番目につくものは結婚指輪ではないでしょうか。結婚式をした夫婦はチャペルで交換した素敵な思い出もありますよね。さらに、女性も男性もおしゃれでつける指輪以外でつける指輪はあまりないので毎日身につける指輪に最初は違和感を感じて徐々に親しみが出てきて最後にはないと落ち着かないくらいにまでなるのが結婚指輪ではないでしょうか。

結婚指輪の意味について

結婚指輪はふたりのが夫婦である証で、結婚しているという事実を自分も相手も周囲も実感が出来るためのものではないでしょうか。アクセサリーなのにアクセサリーではない感覚で、仕事で支障が出る場合を除き全ての場面で付けておくことが出来るのでお互い常に気持ちを感じることができますし、自分自身も結婚しているという自覚から生活スタイルも変わる人も多いようです。現代の日本にとって結婚している、家庭があるという意識が出来ることは必要なことですよね。

幸せの実感が出来ます。

長く付き合っているとお互い気持ちを伝えることが少なくなっていくのではないでしょうか。思っていても気持ちを伝えるのが恥ずかしいとか、伝わっていると思っていて行動や言葉にしない人も多いようです。そんな時にも結婚指輪がお互いにはまっていると愛情をなかなか感じられないと思う時に指輪を見て不安を取り除けますよ。そして言葉にしなくても夫婦という実感ができて、安心感も感じられるのではないでしょうか。愛情を再確認することも出来ますよ。

結婚指輪は結婚を決めた男女が夫婦となることを誓うための指輪で、男性が女性に、また、女性が男性に送ります。